本文へジャンプ
ファイザー株式会社 Working together for a healthier world より健康な世界の実現のために
ここから本文です
現在地 : Pfizer co.jp ホーム > 報道関係の皆様:プレスリリース2017年度 > 国立がん研究センターと希少がんに関する共同研究契約を締結 希少がんの研究開発・ゲノム医療を推進する「MASTER KEYプロジェクト」に参画

ページを印刷

国立がん研究センターと希少がんに関する共同研究契約を締結
希少がんの研究開発・ゲノム医療を推進する「MASTER KEYプロジェクト」に参画

報道関係各位

2017年7月31日
ファイザー株式会社

ファイザー株式会社(本社:東京都、代表取締役社長:梅田 一郎。以下、ファイザー)は、国立研究開発法人国立がん研究センター(東京都中央区、理事長:中釜 斉、以下、国立がん研究センター)と、希少がんの研究開発およびゲノム医療を推進する産学共同プロジェクト「MASTER KEYプロジェクト」に関する共同研究契約を締結しました。

「MASTER KEYプロジェクト」は、大きく二つの取り組みで構成されており、一つは、希少がん患者さんの遺伝子情報や診療情報、予後データなどを網羅的に収集し、研究の基礎データとなる大規模なデータベースを構築するレジストリ研究です。本研究は2017年5月から開始されています。二つ目は、がん種を限定せず特定のバイオマーカー(遺伝子異常・蛋白発現等)を有する患者さんの集団に対して、そのバイオマーカーに適した薬剤を用いた臨床試験の実施です。

ファイザーは、国立がん研究センターとの協業を通じて、希少がんをはじめ、これからも次世代の創薬研究・開発のさらなる推進に尽力してまいります。

このページの先頭へ

ここから下部共通部分です
ファイザー株式会社
Copyright© Pfizer Japan Inc. All rights reserved.
上部共通ナビゲーションに戻る