本文へジャンプ
ファイザー株式会社 Working together for a healthier world より健康な世界の実現のために
ここから本文です
現在地 : Pfizer co.jp ホーム > 報道関係の皆様:プレスリリース2016年度

ページを印刷

報道関係の皆様

プレスリリース2016年度

2016年12月19日
選択的アルドステロンブロッカー「セララ®」「慢性心不全」の適応追加の承認取得
~増加している慢性心不全患者さんへの新たな治療選択肢~
2016年12月9日
米国食品医薬品局、転移性メルケル細胞がん治療薬としてアベルマブの承認申請を受理し優先審査品目に指定
・開発中の抗PD-L1 IgG1抗体アベルマブは、初の転移性メルケル細胞がん治療薬となる見込みです。
・アベルマブはこれまでに、転移性メルケル細胞がん治療薬としてブレークスルー・セラピー(画期的治療薬)指定、ファストトラック(優先承認審査)指定、および希少疾病医薬品指定を米国食品医薬品局から受けています。
2016年12月9日
後発医薬品を新発売
2016年12月8日
『ファイザープログラム~心とからだのヘルスケアに関する市民活動・市民研究支援』
2016年度助成対象 15件のプロジェクトに2,760万円を助成決定
~「中堅世代(30~50歳代)の心とからだのヘルスケア」を支援するユニークな助成プログラム~
2016年12月7日
ファイザー社のIBRANCE®(一般名:パルボシクリブ)の第III相PALOMA-2試験、
『ニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディシン(NEJM)』誌に掲載
~ER+HER2-転移乳がんを対象とした一次治療において臨床的ベネフィットを示す~
~ファースト・イン・クラスのIBRANCEとレトロゾールの併用により、無増悪生存期間(PFS)中央値が2年を超える~
2016年12月1日
ファイザー社、関節リウマチおよび乾癬性関節炎を含むリウマチ疾患におけるゼルヤンツ®
(一般名:トファシチニブクエン酸塩)について追加調査を発表
乾癬性関節炎におけるゼルヤンツに関する第III相試験の結果が2016年ACR/ARHP年次会議で発表される
2016年ACR/ARHP年次会議で発表される20演題により、炎症・免疫領域におけるファイザーのリーダーシップが強調される
2016年12月1日
ホスピーラ・ジャパンから製品の承継が完了
12月1日よりエッセンシャルヘルス事業部門が担当
2016年11月24日
<偽造ED治療薬4社合同調査結果>依然減らない健康被害へのリスク
インターネットで入手したED治療薬の約4割が偽造品
2016年11月24日
HR+/HER2−転移乳がん治療薬IBRANCE®(一般名:パルボシクリブ)、欧州において承認
~IBRANCEは、新規の抗がん剤として欧州で承認された初にして唯一のCDK 4/6阻害剤
2016年11月21日
スパーク・セラピューティクス社とファイザー社、血友病Bを対象とした第I/II相試験において
持続的な第IX因子治療効果を示唆する最新データを発表
~最初の7症例、合計103週間にわたって出血予防のための第IX因子製剤の注射を必要とせず(2016年8月4日現在)
~血友病BにおけるSPK-9001の最新データ、第58回米国血液学会(ASH)年次会議のプレナリーセッションで発表予定
2016年11月17日
ファイザーのCelebrex(セレコキシブ)の心血管リスクがイブプロフェンやナプロキセンと同等であることを大規模臨床試験で証明
2016年11月10日
欧州医薬品庁(EMA)、転移性メルケル細胞がん治療薬としてアベルマブの販売承認申請の審査を開始
2016年11月9日
≪介護の日 全国47都道府県“親子の介護予防ギャップ”意識調査≫
65歳以上の高齢者と高齢者を親に持つ子どもへの介護への意識・予防対策を調査
親よりも子どもの方が介護への不安や危機感が強い
しかし、介護予防のために肺炎球菌ワクチンの接種を勧めたことがある子どもは2割未満
2016年10月31日
新規の乳がん治療薬としてパルボシクリブ(PD-0332991)の製造販売承認を申請
2016年10月26日
≪「痛み治療」に対する医師と患者の意識比較調査≫
慢性疼痛患者の7割が「自身の痛みをどのように伝えたらよいかわからない」
一方で、医師が患者から聞き出しにくい情報 第1位は「治療目標」
痛みの軽減以外の治療目標の設定と診療の満足度について、医師と患者間で認識差
2016年10月21日
勃起不全治療剤「バイアグラ®」の新剤形「バイアグラ®ODフィルム」 10月21日に新発売
~ED治療剤として“国内初”のODフィルム製剤~
2016年10月19日
ファイザー社のスーテント®(一般名:スニチニブ)、第Ⅲ相試験で腎切除後の無病生存期間を延長、腎細胞がんを対象とした術後補助療法において初めての肯定的な結果を示す
~速報データは、ESMO 2016会議で発表、『ニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディスン誌』に掲載~
2016年10月19日
ファイザー社、進行腎細胞がん(RCC)を対象としたインライタ®(一般名:アキシチニブ)と腫瘍免疫療法の併用療法で有望な新データを発表
~インライタとペムブロリズマブの併用試験から、RCCにおける腫瘍免疫療法との併用療法で新たなデータ~
~RCCにおいて進行中のインライタとavelumabの併用試験の中間成績も発表~
2016年10月11日
ジェノトロピン®をお使いの患者さんとご家族の方へ 成長ホルモン領域で初の「テレビ電話サポート」サービス開始
~映像で使い方を確認、24時間365日フルサポート~
2016年10月11日
AMED「産学連携医療イノベーション創出プログラム(ACT-M)」研究開発課題に採択
2016年9月29日
第35回「ファイザー医学記事賞」発表
2016年9月16日
≪喫煙に関する47都道府県調査2016≫
全国47都道府県4,700人の喫煙者を調査 喫煙・禁煙に関する意識の実態を分析
喫煙者が辛いと感じるのは「喫煙所を探さないといけない時」で半数近く
次いで「狭い喫煙ブースでしか喫煙ができない時」が約3割
「飲食店での喫煙が許せない」喫煙者もさほど高くない子どもの受動喫煙への意識
タバコの値上がりにより禁煙を検討する金額は「500円位」が最多
2016年9月14日
≪ED治療における患者とパートナー・医師とのコミュニケーションに関する調査≫
「勃起機能の改善以外の服用に関する悩み」について、
診察のなかで医師に相談ができている患者は2割程度に留まる
4割程度の患者が、悩みの解消によりパートナーとの性生活が充実すると回答
2016年9月14日
ファイザー社のザーコリ®(一般名:クリゾチニブ)、EUにおいてROS1陽性進行非小細胞肺がん治療薬として
適応追加の承認取得
~ザーコリは、ROS1陽性進行小細胞肺がんを対象としたバイオマーカーに基づくEU初にして唯一の承認済み治療薬
2016年9月5日
ファイザー、ビンダケル(一般名:タファミジスメグルミン)での長期治療によって
希少な神経変性疾患の進行が抑制されることを示す新たな分析結果を発表
2016年9月2日
勃起不全治療剤「バイアグラ®」の新剤形
「バイアグラ®ODフィルム」製造販売承認取得
~ED治療剤として“国内初”のODフィルム製剤~
2016年8月31日
ザーコリ®の新適応症追加を申請
~本邦初、希少肺がんでは2つ目の申請~
「ROS1融合遺伝子陽性の切除不能な進行・再発の非小細胞肺がん」
2016年8月30日
≪女性の過活動膀胱(OAB)患者の実態に関する調査≫
女性OAB患者の約9割が「切迫性尿失禁」を経験
その困窮度は高く、半数近くが「とても困っていた」と回答
2016年8月15日
後発医薬品7品目の製造販売承認を取得
2016年8月5日
肺炎球菌結合型ワクチン「プレベナー13®」および血友病B治療剤「ベネフィクス®」の
日本における販売に関する提携の終了について
2016年7月28日
スパーク・セラピューティクスとファイザー
SPK-9001が血友病B治療薬としてFDAからブレークスルー・セラピー(画期的治療薬)指定を取得したことを発表
2016年7月27日
企業活動と医療機関等・患者団体との関係の透明性に関する指針に基づく
医療機関等ならびに患者団体に対する支払いデータ開示
2016年7月21日
独メルク社と米ファイザー社、卵巣がんの一次治療としてavelumabを評価する第Ⅲ相試験を開始
・卵巣がんの一次治療において、標準療法に免疫チェックポイント阻害剤を追加して評価する初の第Ⅲ相試験
・開発中の新しいレジメンを用い、未治療患者さんを対象に、avelumabによる無増悪生存期間(PFS)を評価
2016年6月28日
ASCO 2016: avelumabの転移性メルケル細胞がんを対象としたピボタル試験で、有望な結果が示されたことを発表
・メルクとファイザーが開発中の抗PD-L1 抗体avelumabに関する初のピボタル試験で、治療歴を有する
転移性メルケル細胞がんにおいて、臨床的意義のある抗腫瘍効果を確認
・転移性メルケル細胞がん患者さん88 人における多施設共同・国際・第Ⅱ相試験の結果は、
この患者群に関して報告された抗PD-L1/PD-1 の最大規模のデータ
・これらの結果に基づき、規制当局への申請を予定
2016年6月27日
ファイザー社、再発または難治性の急性リンパ性白血病の成人患者さんを対象とした
イノツズマブ オゾガマイシンの国際共同第Ⅲ相試験結果を発表
~INO-VATE ALL試験の結果、『ニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディスン』誌(NEJM)に掲載~
~全生存期間データをEHA 2016の最新口頭演題として発表~
2016年6月24日
エンブレルをもっと知っていただくために医療関係者向け会員制サイト「PfizerPRO」内に『エンブレル®コンシェルジュ』を新規開設
-エンブレルに関する情報をオンラインサービス-
2016年6月17日
エスタブリッシュ医薬品事業部門 後発医薬品10品目を新発売
2016年6月16日
ファイザー社、進行非小細胞肺がんを対象とした次世代ALK/ROS1阻害剤の有望なデータを発表
~ASCO 2016にて試験結果を口頭演題で発表~
2016年6月15日
ファイザー社、抗4-1BB抗体utomilumabとチェックポイント阻害剤の併用療法に関する第Ⅰb相試験のデータを発表
~有望な安全性データと新たな腫瘍免疫剤同士の併用療法の可能性がASCOで口頭発表~
2016年6月1日
高尿酸血症治療剤「トピロリック®錠」コ・プロモーション開始のお知らせ
2016年5月31日
独メルク社と米ファイザー社、7種のがんにおけるavelumabのデータをASCO年次総会で発表
・メルクとファイザーの提携による成果の進捗をASCO 2016の14演題で発表
・2演題の口頭発表:転移性メルケル細胞がんおよび進行性悪性中皮腫の二次治療薬としてavelumabを検討した結果を発表
・ASCO 2016で発表されるデータは、avelumabが幅広いがんの治療において果たし得る役割の理解を深めることに貢献
・JAVELIN臨床試験プログラムが急速に進行中
2016年5月30日
≪喫煙習慣のある新入社員・職員と管理職の勤務時間中の喫煙に対する意識・実態調査≫
新入社員・職員でも取りやすい?勤務時間中のタバコ休憩
多くの管理職は、新入社員・職員のタバコ休憩に対して問題視?
しかし、実際に注意した管理職は2割に留まる
~35歳未満の禁煙外来受診 保険適用条件緩和について知っている新入社員・職員は3割弱~
2016年5月27日
世界的なアンケート調査により、医師と関節リウマチ(RA)患者さんにコミュニケーションギャップが存在することが判明
-最善の治療計画には患者さんと医師のコミュニケーションが重要であることが明らかに-
2016年5月26日
熊本地震被災者支援について
2016年4月27日
≪横浜市内の小中学生1,801人 たばこに関する意識・実態調査≫
「禁煙・疾患啓発活動に関する協定」を締結している横浜市と、小中学生のたばこに関する意識・実態調査を実施
小中学生の約9割がたばこの煙で嫌な思いをした経験あり
そのうちほぼ全員が「自分の周りで吸わないで欲しい」と回答
2016年4月27日
禁煙補助薬チャンピックス®(バレニクリン)に関する大規模国際共同臨床試験の結果をLancet誌に発表
プラセボまたはニコチンパッチと比較した場合、チャンピックスに伴う重篤な精神神経系有害事象の有意な増加はないと著者は結論
チャンピックスで治療された喫煙者では、ブプロピオン、ニコチンパッチ、またはプラセボを投与した場合よりも禁煙率が有意に高い
2016年4月26日
ファイザー社、IBRANCE®(一般名:パルボシクリブ)の第Ⅲ相試験(PALOMA-2)において
ポジティブな結果が示されたことを発表
~第Ⅲ相試験でIBRANCEの一次治療における有用性が検証され、世界各国における承認申請をサポート~
2016年4月21日
独メルク社と米ファイザー社、腎細胞がんを対象としてavelumabとインライタ®の併用投与を検討する第Ⅲ相試験を開始
・JAVELIN Renal 101試験は、低分子チロシンキナーゼ阻害薬との併用で免疫療法薬avelumabを評価する初の第Ⅲ相試験
・ファイザーの幅広いオンコロジー・ポートフォリオと腎細胞がん治療における実績を、併用療法の開発に活用
・一次治療において、avelumabとインライタ®(一般名:アキシチニブ)の併用療法とスーテント®(一般名:スニチニブリンゴ酸塩)単剤療法を比較する臨床試験
2016年4月20日
ファイザープログラム~心とからだのヘルスケアに関する市民活動・市民研究支援
2016年度(第16回)新規助成 募集開始
応募期間:2016年6月6日(月)~6月17日(金)【必着】
2016年4月14日
飯塚病院とクリニカルトライアル・パートナーシップ契約を締結
~より効率的な治験実施により、新薬の早期承認に貢献~
2016年3月31日
ファイザー社、中等症から重症までの関節リウマチの治療薬としてゼルヤンツ®(一般名:トファシチニブクエン酸塩)の販売承認申請が欧州医薬品庁(EMA)に受理されたことを発表
2016年3月25日
独メルク社、米ファイザー社、および米Verastem社、
卵巣がんを対象としたavelumabとVS-6063の併用試験を発表
・2016年下半期に第I/第Ib相臨床試験を開始予定
2016年3月23日
ファイザー社のザーコリ®(一般名:クリゾチニブ)、
FDAよりROS1陽性転移性非小細胞肺がんへの適応拡大の承認を取得
~ザーコリは、FDAに承認された世界初で唯一のROS1陽性転移性非小細胞肺がんに対する個別化治療薬~
2016年3月4日
バルサルタンOD錠「ファイザー」新発売
2016年3月3日
ファイザー社、JAK阻害剤としては初となる1日1回経口投与の関節リウマチ治療薬であるゼルヤンツ®XR(一般名:トファシチニブ クエン酸塩)徐放製剤がFDA承認を取得したことを発表
-ゼルヤンツ XRによって1日1回投与が可能に-
2016年3月2日
ファイザー日本法人 2015年度業績発表
2016年2月29日
ファイザー社のIBRANCE®(一般名:パルボシクリブ)、FDAよりHR+ HER2-転移乳がんへの適応拡大の承認を取得
~ファースト・イン・クラスの治療薬がより広範囲な乳がん患者さんに適用可能に~
~IBRANCEとフルベストラントを併用した第Ⅲ相試験(PALOMA-3)の結果を基に、新たな適応症を取得~
2016年2月26日
入園前ワクチン接種啓発キャンペーン 『入園準備にワクチンチェックを!』
子育て家族の幸せ応援イベント「たまひよ ファミリーパーク」内で開催
~ワクチン・ヒーローショー/予防接種教室/特設展示ブースまで広く展開~
2016年2月15日
エスタブリッシュ医薬品事業部門 後発医薬品の承認取得
2016年2月15日
トロンボモジュリン製剤「リコモジュリン®点滴静注用12800」の
日本におけるコ・プロモーションの終了について
2016年2月15日
ファイザー社2015年度第4四半期および2015年度通期の決算報告
ならびに2016年財務見通しの報告
2016年2月4日
ブリストル・マイヤーズ スクイブ社とファイザー社、開発中のandexanet alfaを
日本で開発・販売する提携契約をPortola Pharmaceuticals社と締結
2016年1月15日
独メルク社と米ファイザー社、進行胃/胃食道接合部がんを対象に、
開発中の免疫療法剤avelumabの二つの第Ⅲ相試験を開始

このページの先頭へ

ここから下部共通部分です
ファイザー株式会社
Copyright© Pfizer Japan Inc. All rights reserved.
上部共通ナビゲーションに戻る