本文へジャンプ
ファイザー株式会社 Working together for a healthier world より健康な世界の実現のために
ここから本文です
現在地 : Pfizer co.jp ホーム > 会社案内 > ファイザー日本法人の歴史 > 新生期 [2009-現在]

新生期[2009-現在]

2009
(9月)ビジネス・ユニット制(事業部門制)導入

(10月)米国ファイザー社と米国ワイス社が統合

(12月)カデュエット(高血圧症・狭心症治療薬)発売

(12月)梅田一郎が社長に就任

2010
(1月) 旧ワイス株式会社がベネフィクス(血液凝固第Ⅸ因子製剤)発売

(2月)旧ワイス株式会社がプレベナー(7価肺炎球菌結合型ワクチン)発売

(2月)医療関係者向け会員制ウェブサイト「PfizerPRO」新規開設

(4月)ザラカム(緑内障・高眼圧症治療剤)発売

(6月)ファイザーとワイスの日本法人が統合

(6月)リリカ (帯状疱疹後神経痛治療剤)発売

(9月)トーリセル(抗悪性腫瘍剤)発売

(10月)ビビアント(骨粗鬆症治療剤)発売

(12月)イアン・リードがCEOに就任

2011
(7月)ファイザー日本法人初となる後発医薬品を発売

2012
(5月)ザーコリ(抗悪性腫瘍剤)発売

(8月)インライタ(抗悪性腫瘍剤)発売

(11月)タイガシル(抗生物質製剤)発売

2013
(2月)エリキュース(経口抗凝固薬)発売

(3月)トビエース(過活動膀胱治療剤)発売

(4月)アメパロモ(腸管アメーバ症治療剤)発売

(7月)ゼルヤンツ(経口関節リウマチ治療薬)発売

(10月)プレベナー13・小児(肺炎球菌ワクチン)発売

(11月)ビンダケル(TTR-FAP*治療薬)発売
*トランスサイレチン型家族性アミロイドポリニューロパチー

2014
(9月)アネメトロ(嫌気性菌感染症治療剤)発売

(9月)ファイザープログラム「ボランティア功労者に対する厚生労働大臣表彰」を受賞

(12月)ボシュリフ(慢性骨髄性白血病治療薬)発売

2015
(9月)「米国ファイザー社と米国ホスピーラ社が統合」

(12月)イフェクサーSR(セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害剤)発売

2016
(12月)ホスピーラ・ジャパンから製品の承継が完了

2009年10月の米国ファイザー本社による米国ワイス本社の統合に伴い、2010年6月1日に両社の日本法人が統合しました。今回の統合により、ファイザー株式会社の医療用医薬品事業は、循環器、中枢神経、疼痛/抗炎症、泌尿器系、筋骨格系、感染症、内分泌、眼科、がん、ワクチンなど広範囲に渡る製品群および新薬パイプラインを強化することで、日本の患者さんのために未だ満たされていない医療ニーズにより一層お応えできるようになります。

2013年8月1日に日本での創業60周年を迎えました。私たちファイザーは、常に革新的で価値ある製品を通じ、60年に渡って、人々のクオリティ・オブ・ライフ向上に寄与してまいりました。「日本で最も信頼され、最も価値あるヘルスケア企業になる」というビジョンの実現をめざし、今後も新たなステージに向けて挑戦し続けていきます。

このページの先頭へ

ここから下部共通部分です
ファイザー株式会社
Copyright© Pfizer Japan Inc. All rights reserved.
上部共通ナビゲーションに戻る