本文へジャンプ
ファイザー株式会社 Working together for a healthier world より健康な世界の実現のために
ここから本文です

飛翔期[1998-2003]

さらなる挑戦と大いなる飛翔への布石
-革新的薬剤の導入と新生ファイザー株式会社の誕生

1999年以降、次々と新製品を上市し、世界のファイザーにおける日本の役割がますます重要となる中、さらに高い目標に向って疾走し始めた医薬事業部門。ファイザーの8つの価値規準(Core Value)に則って、「最も成功し、最も尊敬されるヘルスケアカンパニー」を目指し、ファイザー株式会社の新たな挑戦の物語が始まりました。

1999
(3月)【バイアグラ】(勃起不全治療剤)発売。

(4月)スティア会長、日経セミナーで講演。

(5月)中央研究所第4研究棟が完成。

(8月)社長にアラン・B・ブーツが就任。

(11月)【アリセプト】(アルツハイマー型痴呆治療剤)発売。

創立150周年を迎えたファイザー社。フォーブス誌はファイザー社を「カンパニー・オブ・ザ・イヤー」に選出。

2000
(4月)研修施設「Apollo Learning Center」がオープン。

(5月)【リピトール】(高脂血症治療剤)発売。

(6月)【ジスロマック】(15員環マクロライド系抗生物質)発売。

ファイザー社とワーナー・ランバート社が統合。

2001
ヘンリー・A・マッキンネルが会長兼CEOに就任。
新ミッション「患者、顧客、社員、株主、ビジネスパートナー、そして私たちが働き、生活しているコミュニティーにとって世界で最も価値のある企業になる」を発表。

2002
(7月)【レルパックス】(片頭痛治療薬)発売。

(9月)医薬事業部門、新営業組織をスタート。

(11月)ノルバスク、年間売り上げ1000億円を達成。

2003
ファイザー社とファルマシア社が統合。新生ファイザーの誕生。

日本でもファイザ-とファルマシアが統合し、社名もファイザ-株式会社として新たにスタート。

東京本社を新宿文化クイントビルに移転

ファイザーを成功に導く8つの価値規準
-Core Valueの制定

医薬事業部門を中心に、飛躍的な成長を遂げつつあった1997年。ファイザー社のスティア会長兼CEOから、ファイザー社で働くすべての社員が共有し、実践すべき「価値規準」(Core Value)が発表されました。

Core Valueは、「誠実と高潔」「人間尊重」「全員参加のチームワーク」「善き市民」「リーダーシップ」「革新」「顧客志向」「業績改善」から成り、これこそがファイザーをファイザーたらしめ、ファイザーの社員をファイザー社員たらしめるものといえます。

翌1998年には、全社員が各Valueについて考えるワークショップを全国展開し、Core Valueに則ったさまざまな活動が行われました。例えば、2000年9月から始まった市民活動(NPO)への助成活動「ファイザープログラムー心とからだのヘルスケアに関する市民活動支援」、2002年9月に導入された短縮勤務制度、SOHOなど働く親を支援する「ファイザーケアプログラム」など、すべてCore Valueの具現化につながっています。

2001年6月、ファイザー社のCEO兼会長に就任したマッキンネルは新ミッション「世界で最も価値のある企業になる」を発表しました。その実現のために社員がなすべきこと、そしてファイザー製薬が目指すべき道を明確に照射するのが、8つのCore Valueと全社員がリーダーシップを発揮していく「リーダービヘイビア」といえるでしょう。

リーダービヘイビア

継続的な業績重視
Sustain Focus on Perfomance

リーダーは、優先順位を適切に定め、常に水準を高く保ち、好機を戦略的に捉え、なおかつ顧客を重視することによって、業績に全力を注ぎ続けます。

全員参加を促す環境作り
Create an Inclusive Environment

リーダーは、新しいアイディアに心を開き、社員の参加を促し、すべての管理職もそれを見習うようにすることによって、全員参加の環境をつくります。

オープンな議論・討論の奨励
Encourage Open Discussion & Debate

リーダーは、積極的に人の話に耳を傾け、多くの人の参加を促し、批判を受け入れ、手際よく会議や討論をとりまとめ、効果的なコミュニケーションを図ります。

変化への対応
Manage Change

リーダーは、戦略的に将来を見据え、イニシアティブを発揮し、よりよい活動方法を計画することによって、変化に正しく対応します。そして、社員の行動を促し、変革推進者を育成し、よりよい業務の実践を追及します。

人材の育成
Develop People

リーダーは、様々な方法で人材を育成します。有益なフィードバックを実施し、よい聞き手となり、人材育成を計画的に行い、コーチ及びメンターとしての役割を担います。

全社的な協力体制
Align across Pfizer

リーダーは、会社全体のために貢献し、他のファイザーグループともよくコミュニケーションをとり、協力し合って全社の管理システムを活用、サポートします。

優れた特徴を持つ製品の登場で新領域を開拓
-ジスロマック、バイアグラなどの発売

循環器領域で評価を得たファイザー製薬は、あらたに、患者さんのQOL(Quality of Life)向上のための生活改善薬や、効果やコンプライアンスの面で優れた特徴を持つユニークな製品を上市していきます。

1999年の勃起不全治療剤「バイアグラ」、2000年の15員環マクロライド系抗生物質「ジスロマック」、2002年の片頭痛治療薬「レルパックス」です。ジスロマックは初日売り上げ約18.5億円(薬価ベース)、特約店からの納入口座数約47000軒を達成し、これは、ファイザー製薬の過去すべての新製品記録を塗り替える驚異の記録となりました。

また、新しい取り組みとして、他メーカーとのコ・プロモーションを展開。1999年にエーザイ株式会社の日本初のアルツハイマー型痴呆治療剤「アリセプト」、2000年に山之内製薬株式会社と高脂血症治療剤「リピトール」の情報提供活動を開始しました。

とくにバイアグラとアリセプトは、薬剤がなかった領域での初めての薬剤上市であり、これまで苦しんでいた多くの患者さんのQOL向上に貢献しています。

増大する製品数に呼応して質の高い情報を提供する組織へ
-医療事業部門の複数チーム制導入

新製品の導入による疾患領域の拡大で活気づく中、1997年に売り上げ1000億円を達成した医薬事業部門は、さらに高い目標を目指して動き始めました。

2001年には3チーム制の導入という革新的な組織をスタート。さらに2002年には、大型製品の上市に合わせて、新卒230名と中途社員500名を採用し、MRの大幅増員できめ細かい情報提供活動の実現と専門領域に精通した顧客ニーズへの迅速、的確なサービスの強化を図りました。同年9月には、全国を3 つのエリア(東部、西部、北部・南部)に分け、3営業統括部の下に25支店、260営業所を組織する新営業組織をスタート。これは、ファイザー製薬の "夢"である「顧客からの信頼と評価でNo.1企業になる」「ファイザー製薬がグローバルファイザーのモデルとなる」を実現するための原動力となるものです。

8年間連続して市場の伸長率を上回る月間売り上げを記録した2002年の下期全体会議を「船出」と位置づけ、全員の意思統一と意欲喚起を図った医薬事業部門。追い風をはらんだ帆を広げ、ファイザー製薬の2つの夢の実現に向って、新たな挑戦の航海に出発しました。

日本で最も成功し、
最も尊敬されるヘルスケアカンパニーへの挑戦
-新生ファイザー株式会社の誕生

1999年にファイザー製薬代表取締役社長に就任したアラン・B・ブーツは、「日本で最も成功し、最も尊敬されるヘルスケアカンパニー」となることをビジョンとして掲げます。その間、Core Valueの実践、新製品の上市、医薬部門の強化などさまざまな改革が行われます。

そして21世紀に入り、日本国内はもちろん、世界における医薬品メーカー間の競争は激化し、世界的規模での再編成がダイナミックに行われます。ファイザー社も2000年6月にワーナー・ランバート社を統合。さらに2003年4月には、ファルマシア社と統合しました。

日本でのファルマシアとの統合後、ファイザー製薬は社名も新たに、ファイザー株式会社としてスタートします。統合により、医薬部門では循環器系、中枢神経系、感染症・アレルギー系、泌尿器系、筋骨格系、眼科、癌、内分泌系と幅広い疾患領域をカバーします。また、CHC事業部では禁煙補助剤「二コレット」が加わり、農産事業部でも畜産およびコンパニオンアニマル向け医薬品、プラントヘルス製品のラインアップが強化されます。

このページの先頭へ

ここから下部共通部分です
ファイザー株式会社
Copyright© Pfizer Japan Inc. All rights reserved.
上部共通ナビゲーションに戻る