本文へジャンプ
ファイザー株式会社 Working together for a healthier world より健康な世界の実現のために
ここから本文です
現在地 : Pfizer co.jp ホーム > 会社案内 > スローガンとバリュー(価値規準)

スローガンとバリュー(価値規準)

スローガン

Pfizer Working together for a healthier world より健康な世界の実現のために

2006年にファイザーの新スローガン「Working together for a healthier world より健康な世界の実現のために」が発表されました(“together”は2008年に追加)。このスローガンは、「既に疾患にかかっている人はもちろん、今健康な人、そして家族や周囲の人、全ての人々と共に、『より健康な世界の実現』を目指していきたい」という、ファイザーの企業理念と願いを表現しています。

  • 企業目的
    患者さんの生活を大きく改善する革新的な治療法を提供する

  • ビジョン
    日本で最も信頼され、最も価値あるヘルスケア企業になる

  • ミッション
    卓越した革新的医薬品企業になる

ファイザー株式会社は、ビジョン「日本で最も信頼され、最も価値あるヘルスケア企業になる」を2006年に、また、ミッションを2007年に発表しました。ビジョンにある「信頼」とは、患者さん、医療関係者をはじめ、社会のあらゆるステークホルダーの方々からの信頼、そして社員からの信頼を意味します。「価値」とは、日本の社会で「かけがいのない」といわれるような存在感、社会、得意先、メディアなどの様々なステークホルダーの評価や、参入領域のマーケットシェアなどの財務評価が入ります。

バリュー(価値規準)

社員一人ひとりの活動の基盤に、9つのバリュー(価値規準)があります

ファイザーには、社員が活動する際に遵守すべき9つのバリュー(価値規準)を掲げています。私たちは、この価値規準に則った活動こそが企業の成長発展の源であると考え、それぞれの価値規準を十分に理解する機会を設け、日々の事業活動が9つのバリューに基づいているかどうかを常に見直し、実践しています。9 つのバリューは世界中のファイザーの社員一人ひとりが自分自身の中でしっかりと受け止め、理解し実践している行動規範です。

価値基準 ファイザーで働く者が、何に価値を置いて行動すべきかを定めた9つの価値規準です。
誠実と高潔
誠実と高潔
人間尊重
人間尊重
顧客志向
顧客志向
自分にも他者にも最高の倫理基準を求め、当社の製品およびプロセスは最高品質のものであるよう努めます。 人財はファイザーの成功の要です。私たちは、多様性を会社の強さの源とし、その価値を尊重します。会社が社員に対して敬意と威厳を持って接してきた歴史は私たちの誇りです。 私たちは、顧客ニーズに対応することを第一とし、常に顧客の満足に視点を置いて行動します。
       
善き市民
善き市民
革新
革新
コラボレーション
コラボレーション
コミュニティーの継続した活力が、私たちのビジネスの長期的な健全性に直接影響を与えるということを認識し、私たちが働き生活している全てのコミュニティーをより良くするために積極的な役割を果たします。 革新は、人々の健康増進、ならびにファイザーの持続的成長と収益性の鍵です。 企業として成功を収めるために、私たちは、常に組織や地域の壁を越えて協働し、顧客ニーズの変化に対応していきます。
       
業績改善
業績改善
リーダーシップ
リーダーシップ
クォリティ
クォリティ
私たちは、慎重に結果測定を行うとともに、「高潔と誠実」や「人間尊重」を決して脅かすことのないように心がけながら、業績の継続的改善に取り組みます。 リーダーは、周囲の社員と知識を共有し、また個々の優れた取り組みに報いながら、権限委譲をしていきます。私たちは、社員がそれぞれの立場においてリーダーシップを発揮できるよう努めます。 クオリティは、社員の仕事や全てのバリューに深く根付いており、私たちは、世界中に質の高いヘルスケアを届けようと努力しています。仕事の手法やプロセスにおいて、すべてのステークホルダーの期待を上回るクオリティを追求し続けます。

このページの先頭へ

ここから下部共通部分です
ファイザー株式会社
Copyright© Pfizer Japan Inc. All rights reserved.
上部共通ナビゲーションに戻る